介護相談員派遣事業

介護相談員派遣事業

先日、鹿児島市の介護相談員派遣事業がありました。

『市が委嘱した介護相談員が施設等を訪問し、介護サービスに関する疑問や不満をお聞きしています。 』

スター倶楽部は10人定員のデイサービスですが、お二人の相談員が2時間にわたり、ご利用者様のお話を聴いてくださいました。

その中の1つの話です。スター倶楽部では、入浴の際はお一人ずつ、浴槽のお湯を変えて掃除をしている事が、相談員にとっては珍しかったようで、その必要があるのか疑問に思われ、ご利用者に尋ねたようです。

すると、ご利用者の答えは意に反して「それは重要で、それがあったからここに決めたのよ」「毎回、気持ちよく入浴が出来ている」 「戦時中を経験しているから、贅沢な気もするけど、そうしてもらえると嬉しいのよ」などの声が返ってきたので、「驚いたけど勉強になりました。」と言われてました。

相談員は、「これまでのデイサービスや施設では、そのような事はしていないから…。」「温泉などでも変えないのに…」との思いがあったようです。

「でも、家庭と同じ浴槽なのに他人と同じ浴槽に入りたくないだろう」と、私たちは始めた事を説明しました。

例えば、自宅で泊り客が来た時に、家族が-入ったお風呂に入っていただく事は決して無いと思います、と例を挙げて話すと納得はされましたが、「だからと言って、他の事業所に勧められない」とも話して帰って行かれました。

スター倶楽部では、気持ちの問題だけでなく感染症の観点からも、浴槽浴室の清掃と足ふきマットの交換をお一人ずつにさせていただいています。

介護1~5の方々については、入浴加算として500円(利用者は1割負担で50円)いただいていますから、それぐらいの事はできない事ではないのです。

しかし、要支援1・2の方が入浴しても、この加算はありません。だから、事業所によっては、要支援の方々の入浴に何かしらの制限をしている所もあるようです。

もちろんスター倶楽部では、ご利用者様に差別は出来ないので、同じようにさせてもらっています。

制度的にこの辺りを見直してほしいと思ってはいます。

 

スター倶楽部の常識は、これまでの介護保険事業の中では非常識化もしれませんが、ご利用者様にとって何が大切なのか大事なのかを追求しながら、これからも毎日楽しく有意義に過ごしていただくように、変えていきたいと思います。時には介護保険法も変えていけたら良いと思って頑張ります。

あなたの輝き いつまでも

 

鹿児島市 デイサービス スター倶楽部 099-248-9231

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
デイサービス ブログランキングへ


ご見学 | 求人案内 | 個人情報 | サイトマップ



★通所介護保険事業所番号(4670109356)
★居宅介護支援事業所番号(4670109570)